市販プリント基板によるプリアンプの製作(14)

 色々試行してましたが、元のMaranz#7基板に戻すことにしました。どうも和田真央氏の回路基板は利得が少し小さいようで、ボリュームを目いっぱい回す使い方になりそうなのでやめました。元に戻すに当たって、前から問題のあるフロントパネルのボリュームとセレクタースイッチを交換することにしました。フロントパネルの厚が7mmもあるのでロータリースイッチの取付が通常のセンターシャフトのナット止めが不可能で困っていました。そこで今回は東京測定器材のRS500シリーズのロータリースイッチを使うことにしました。このシリーズには2点皿ネジ止めタイプも用意されています。
 早速東京測定器材のロータリースイッチを扱っている門田無線に問い合わせしてみました。回答は注文は可能ですが、特注扱いになり、納期は45~60日になりますということでした。他に方法もないので注文することにしました。ボリューム用にはRS-500V 4-4-23 P 15° 20 R (4段4回路23接点 ステップ角15° シャフト長20mm)というもの、セレクタースイッチ用にはRS-500V 1-2-6 P 30° 20 R (1段2回路6接点 ステップ角30° シャフト長20mm)のものを選択しました。価格は5672円と2112円でした。待ち遠しかったのですが、7月5日に注文確定して、製品が到着したのが7月22日ですから、実質2週間と少ししか掛かりませんでした。ちょっと45日~60日という案内はオーバーです。早速組み込みたいところですがロータリースイッチを使って先にアッテネーターを完成させる必要があります。以前のアッテネーターはヤフオクで入手したもので抵抗はメーカー不明の金被抵抗が使用されているものです。今回はビスパのLGMFSA50を中心に抵抗値のないものはLGMFS50とREY25FYを使用しました。このロータリースイッチは結構コンパクトで半田付けに苦労しました。もう少し大きい方が良かったのですが、取付方法をネジ止めに限定するとこの製品しか選択肢はありません。

DSC_0139DSC_0140

DSC_0142DSC_0145

 取り付けが完了し早速音出しをしてみました。以前より余分な付帯音が取れたような純度の高い音がしていると感じます。<完>

カテゴリー: Preamp | コメントをどうぞ

300B A級PP フローティングOPT方式アンプの製作(13)

 これまで桂光の300Bを使用してきましたが、少しお金をかけてアップグレードしてみました。選んだものはelectro-harmonixの300B GOLDです。グリッドが金メッキされているものです。TecSolから2ペア54618円で購入しました。matched quadを頼む必要のないくらい4本の特性は揃っていました。さすが真空管を専門に取り扱う会社です。注文して2日後には到着しました。早速桂光のものと交換して音出ししてみました。電源投入直後の馴らしも終わっていない時点から、既に音質が向上していることが確認できました。馴らしていくとどんな感じになっていくかが楽しみです。

DSC_0133

DSC_0135

 

 

 

 

DSC_0136

カテゴリー: Mainamp | コメントをどうぞ

AK4499 Dual Mono DAC の製作(7) ―取り敢えず完了―

 長い間、天板を開けたまま使用してきたAK4499DACの蓋を閉じました。最終的にNFBは触らずに、アウトプットで600Ω/14㏈の固定アッテネーターを挿入しました。最初50kΩ/14㏈のアッテネーターを入れて音を聴いてみたところ、音がすぐクリップして聴けたものではありませんでした。またミューティング回路は装着を見送りました。少しでも何か音質への影響を避けたいとの判断です。蓋をして聴いていると天板がほんのりと暖かくなります。両サイドに計6個の通風孔を開けていますからこれ以上熱くなることはないと思います。通常デジタル音源を聴くときは、サーバー・レンダラーはfoobar2000(DACの下側のPCにインストール)が受け持ち、音源もそのPCの内蔵SSDに入れてあります。コントロールポイントにはandroid版のfidata Music Appをタブレットで使用しています。音が良いので最近はCDを買う機会が増えてきました。

DSC_0119

DSC_0121DSC_0123

カテゴリー: DAC | コメントをどうぞ

浅野300BもどきアンプからWE91Bもどきアンプへ(6)

 引き続き残留雑音(ハム音)がもう少し低くならないかと模索しています。追加で0.13Hのチョーク(春日無線製)を入れてみましたがほぼ変化なしです。雑誌の記事と違うところは出力管保護の為5AR4を使用したためB電圧を下げる必要があり、FETリップルフィルターを挿入している点です。このせいでリップル分が低くなり過ぎてフィラメントハムを打消しできなくなっている可能性があるのではということが気になります。思い切って5R4WGBを使用してやればFETリップルフィルターはカットできるので一度試してみるつもりです。
 もう一つの案はこれも雑誌の記事(ラジオ技術1999年11月号)に載っているものですが、3S4という球を使ったヒーター・ハム打消し回路です。是枝重治氏の記事に詳しい解説が書かれています。ただこの記事の回路は電圧増幅段が2段でその初段のカソードに負帰還と一緒に3S4の残留雑音を注入するようになっているので、私の回路で位相的にどうなるのかが疑問です。ただ試してみる価値は十分あるとみて必要な部品は注文して揃いつつあります。

DSC_0110DSC_0113
DSC_0108

カテゴリー: Mainamp | コメントをどうぞ

浅野300BもどきアンプからWE91Bもどきアンプへ(5)

 配線が完了し、煙やフューズ断絶などないかとチェック中に色々不備なことが出てきます。最大の不備はチョークから出たところにコンデンサーを入れ忘れていたことです。各部の電圧をチェックして、予定していた電圧と大きく異なる点の抵抗値を変更しました。

DSC_0100

B&W_DM3_1 ハムバランサーを回して残留雑音を調整してみても、雑誌の記事と違いチョークトランスを2個シリーズで入れていないせいか左チャンネルで2.2mV、右チャンネルで6.5mVが限界でした。実際どのくらいハム音が出るのか試してみました。スピーカーには常用のB&W DM3を使って試したところ、すぐそばでは両chとも僅かにハム音が聞こえましたが、2mも離れるとまったく気にならないレベルでした。増幅度も十分で入力トランスは必要ないようです(私の使用しているDACの出力が大きいので一般的には必要になる場合もあると思います)。300BはFull music製で外形はバルーンタイプ、メッシュプレートを挿してみました。真空管により雑音の出方が変わるようでその都度ハムバランサーは調整が必要です。18年前ソフトンさんからペア25000円で購入したこの300Bが今までで最高の音質で鳴っていることに感動を覚えました。音が全体として気持ちよくのびのびと響いてきます。これがフィラメントAC点火の効果か、或いは旧ソ連製の5極増幅管が良いのか、30Hのチョークが効いているのか、どの理由か判りませんがとにかく良い音です。(チョークは2段重ねで取り付けています。5AR4がかわゆく見えます。)
DSC_0093DSC_0095
 最終的な回路は下記の通りに変更しました。
WE91BType 300B SE_3

カテゴリー: Mainamp | コメントをどうぞ

浅野300BもどきアンプからWE91Bもどきアンプへ(4)

 以前の配線を撤去するのに結構労力を使いました。半田吸い取り線で半田を落としていくのですがなかなかはかどらない為に、100w相当の半田こてをを買いました。半田は良く落ちるのですが、あまり使いすぎるとラグのプラスチックが溶けて金具が外れてしまうので注意が必要です。

 部品がほぼ揃ってきたので、新しい回路を配線していきます。入力トランスを組み込むつもりでしたが、入力のシールド線が無駄に長くなってしまうので、今回は外付けに変更します。両側の一番外側のソケットが空いてしまい、見栄えが悪いのですが仕方ありません。コツコツ配線して8割かた終わりました。写真の左上に写っている基板はマルツのLM317を使用した3桁7セグ電圧計付き1.5A電圧可変電源キットです。10Vヒーター用に使います。右側に光って見えている大きな円筒形のものはASCのフィルムコンデンサー(40μF330VAC)です。
DSC_0088a

追記:変更した新しい回路図を掲示します。(再変更)
WE91BType 300B SE_3

カテゴリー: Mainamp | コメントをどうぞ

300BアンプをVT-52アンプへ改造(6) ー出力トランスの変更ー

VT-62パラシングルアンプにLISTのカットコア出力トランスを使用したところ、音質的な向上が顕著でしたので、このアンプにもLISTのカットコアトランスを使用しました。今回のトランスはLISTのCS40(300Bシングル用)P.S間シールド入り 3.5kというもので先のCS100タイプより小型です。これをトランスケース収めて取り付けました。ケースの天井に取付ブラケットをネジ留めして固定しています。音質は格段に向上しました。カットコアトランス及びLISTの技術の高さでしょうか。このアンプが現時点での常用メインアンプになっています。(2018年7月13日実施)

imageDSC06518DSC06521

DSC06519DSC_0003

カテゴリー: Mainamp | コメントをどうぞ

浅野300BもどきアンプからWE91Bもどきアンプへ(3)

 いよいよSvetlana 10J12Sが着きました。今回で2度目ですが、ウクライナからの荷物は結構早く到着します。Сロゴ(Winged-C)の70年代NOS管ということですがなかなか作りは丁寧で、2本の見た目はよく揃っています。OTKマークも入っていますから軍用に提供される予定だったのでしょうか。前回のFOTONブランド1960年代製NOSの6N8S(=6Sn7)も良い音がしましたので、どんな音がするのか楽しみです。

DSC_0076DSC_0079DSC_0081

カテゴリー: Mainamp, Tube | コメントをどうぞ

浅野300BもどきアンプからWE91Bもどきアンプへ(2)

 タイトルが日本語として少し変だったので訂正しました。300BフローティングOPT方式アンプも一段落したので、このアンプの回路を煮詰め、それに伴うパーツを集める作業段階になってきました。回路を決定するうえで参考にさせていただいた資料は主に3つです。『管球王国VOL.12』「91Bに肉薄する音質改善テクニック」、『無線と実験2016年4月号』「交流点火・無帰還で残留ノイズ0.8mVを実現JJ300Bシングルパワーアンプ」、『ラジオ技術1998年8月号』「300B無帰還シングル・アンプの製作」の各記事です。主なねらいは、1.300B交流点火、2.インダクタンスの大きなチョークトランスを使用、3.初段5極管の第2グリッドの電圧を85Vに設定–です。
 回路が決まれば部品集めですがなかなか大変です。まずWE310Aは現在でも入手可能ですが、大変高価ですので、代わりにロシア管Svetlana 10J12SをeBayで購入しました。荷物はまだ到着していません。まだオランダ辺りにあるようです。チョークトランスは本当はMAGNEQUESTのBAC-80(50H 80mA)を使いたかったのですが高価なので中国製のバンドカバーのもの(30H 100mA)をAliExpressから購入しました。これは無事届いています。入力トランスのPeerless15095は手持ちのものを使用します。

DSC_0069DSC_0075

DSC_0072DSC_0074

10J12S_Image10J12S_Data110J12S_Data2

DSC_0066DSC_0068

DSC_0062DSC_0063

カテゴリー: Mainamp | コメントをどうぞ

浅野300BもどきアンプからWE91Bもどきアンプへ(1)

 以前にエイフルのPX25アンプか何かのKITのシャーシがヤフオクに出ていたのを落札し、エイフルの300BアンプKITとほぼ同じ回路でアンプを作っていましたが、常用のアンプにはVT-52アンプが定着してしまい、このアンプはあまり日の目を見なくなったので思い切って今まで製作したことのなかった、WE91B回路のアンプに改造してみることにしました。さてどうなりますことやらお楽しみに。

カテゴリー: Mainamp | コメントをどうぞ