FPGA FMチューナーの製作(6)

DSC_0158_1600 FM放送のデジタル録音に使用する機器はTASCAMのDA-3000です。しかしこのDA-3000にはS/PDIF入力は同軸端子しかないので、チューナー側にS/PDIF同軸出力の追加をする必要があります。その回路もひろくんのホームページに載せてくれていますのでその通り製作すればよいだけなのですが、ひとつネックになるのがパルストランスです。その回路に使われているTDK製のパルストランスは現在入手不可能となっており困りましたが、ひろくんの掲示板で質問したところ、頒布していただけることになり製作できることになりました。ところが、製作して録音しようとすると、DA-3000側が入力データ異常となDSC_0161_1600り録音できません。オシロスコープで波形を見た限りでは作動していると思えるのですが入力データ異常は治りません。そこで代替手段としてデジットで販売している光同軸インターフェースDHI-Bという基板キットを購入して組み込みました。それで録音してみると正常に192kHz24bitで録音できました。しばらくこの状態で使いながら、自作基板の方の不具合を治す予定です。

カテゴリー: FPGA FM TUNER パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください