AK4499 Dual Mono DAC の製作(4)

 主要な構成部品が揃ってきました。DAC基板については既に完成しましたので、その他の部分です。
DSC06828
 まず、IV変換部ですが、苦労の末やっと4枚8ch分の基板が完成しました。最後のチェックで4枚の基板のうち1枚が差動増幅がうまく働かず手詰まりになってしまいました。最後にDCサーボ回路のオペアンプを交換してみたら嘘のように正常に動作しました。

DSC06830
 LPF部と差動合成部はデータシートに掲載されていたDSD再生用数値にCRを決定しましたが、果たしてその通りに動作してくれるのでしょうか。

DSC06833DSC06835
 電源はDAC部に+5V、USB to I2S入力部に+3.3V、IV変換・差動合成部に±15Vを供給できるように中国製のRコアトランスを2個Aliexpressで購入しました。レギュレーターには調整が簡単で音が良い横濱アリスのLEDレギュレーターを使用しました。

DSC06839
 これらのパーツを組み合わせてシャーシに納めていくのですが結構狭苦しくなりそうです。取り敢えず各パーツを並べてみました。

カテゴリー: DAC パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください