市販プリント基板によるプリアンプの製作(8)

DSC06706 音の傾向が大体かたまってきたところで、自分好みの音に仕上げていきます。まずライン部の6N8Sですが、初段には新しく購入した50年代製造のものを、カソードフォロワー段には60年代製造のものを組み合わせました。その方が音の滑らかさと輪郭の明確さが両立するように感じました。その上でカソードフォロワーの赤い2.2μフィルムコンデンサーにDel Ritomoの0.33μ VitaminQ Oiled Paperコンデンサーを並列に入れました。
 そして最後にAC電源フィルターを取りDSC06707付けて終わりにします。もしこれ以上何か付け加えるとしたら、ライン部初段の100k 5Wのプレート抵抗を現在のKOAのものからDaleの巻線抵抗に変えて音の変化をみたいと思っているのですが、現在入手可能な物は1本1000円以上の値段がついており買う気になれませんので、気長に待っています。そして時間があれば、RIAA偏差、周波数特性など測定してみる予定です。

カテゴリー: Preamp パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください