中国製AK4497DualDAC基板キットによるDACの製作(1)

最近Aliexpressを使って部品などを買う機会が増えてきました。そんな中、AK4497チップをDualMono動作させている基板キットが$170前後で販売されていることがわかって購入を検討していました。もちろん、それに対応したケースやトランスも販売されています。ただ一度に購入して、もし使い物にならないキットだったら無駄になるので、取り敢えず基板キットのみ購入してみることにしました。
注文は1月6日に行い、荷物が到着したのは1月18日でした。荷物の段ボールは結構へしゃげて中身が大丈夫かと思うくらいでしたが、何も壊れてはいませんでした。まず部品が全部揃っているかチェックしていきました。ちょっと抱いていた不安が現実に

なりました。それも1つ2つではなく7個の部品(RCAジャック3個、光学入力端子1個、ミューティング用リレー1個、操作ボード・液晶ボードとの接続コネクター2個)が不足していました。そのうち4個の部品は日本でも入手可能ですがRCAジャックはプリント基板用のかなり特殊な形状で中国でしか入手できない物でした。仕方なく販売元に事情を連絡しました。連絡しても埒が明かない不安も持ちながらメールを送りました。結果はすぐ追加で不足していた部品を送ってくれることになりました。
部品は揃うことになりましたが、製作マニュアルや回路図等は何も同封されていないので、完成まではかなり困難が伴います。救いは基板上のすべての部品にシルク印刷がされていたのでその通り部品を取り付けて

いきました。

カテゴリー: DAC パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください