CL35のUpgrade(5) -真空管の選択 TELEFUNKEN & Mullard-

プリにしろメインにしろどんな真空管を使うかで大きく音の質が変わってくるのは常識ですが、この差は抵抗やコンデンサーよりも大きいと思います。今までの経験の範囲内で最上の真空管はTELEFUNKENのダイヤマーク付のものだと思います。音の輪郭や色付けのなさ(透明感)などは他の真空管を寄せ付けないでしょう。Mullardも暖質で力強い音が好きな方には向いていますがTELEFUNKEN(◇)には及ばないと思います。今回は初段は最初から付属していたTELEFUNKEN(◇)ECC83が1本、前にeBayで落札していたDYNACOマークのTELEFUNKEN(◇)ECC83が4本、MullardのECC82が2本という組み合わせができました。DYNACOマークのTELEFUNKEN(◇)ECC83というのは、昔TELEFUNKENがDYNACO社の製品向けに真空管を提供していたもので、中身は同じでeBayなどの落札価格は低めに抑えられるというお買い得な球です。TELEFUNKENは他にも何社かに真空管をそのメーカーのブランド名を印刷して提供していました。私は転売する気はないのでもっぱらそういう真空管をeBayで落札するようにしています。 

V1(左側) TELEFUNKEN ECC83(◇)
V2(右側) TELEFUNKEN ECC83(◇)DYNACOマーク入り
DSC00968_800
V3(左側) Mullard ECC82
V4(右側) TELEFUNKEN ECC83(◇)DYNACOマーク入り

DSC00969_800
V5(左側) Mullard ECC82
V6(右側) TELEFUNKEN ECC83(◇)DYNACOマーク入り
DSC00970_800
V7 TELEFUNKEN ECC83(◇)DYNACOマーク入り

DSC00971_800

なお、TELEFUNKENは偽物も多くYahooオークションなどでも堂々と出品されていたりします。参考までにEi社のECC82をTELEFUNKEN ECC82として売られていたものを掲載します。

カテゴリー: Preamp パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください